つよポタミア

自転車関係の雑記帳です。

富士山トリプルクライム<前半>

 

6月は日照時間が長いので何とかなるだろうと思い、あざみ→スバル→スカイの順に回ることにした。前日入りして道の駅すばしりにて車中泊。日の出を迎える4:30頃に出発し、日没までに戻ってこられることを期待して出発した。

 

過去にあざみラインは1回登ったことがあるが、何回も休憩しながら登った記憶がある。馬返し後はキツいことはわかっていたが、今回はバス亭の手前で力尽き、数百メートル押し歩きが入る。朝の5時から心拍を170超に上げて大丈夫かと思いつつ何とか登る。タイムは1時間45分。前回よりはマシだ。売店の親切な方が「お茶のが良かったかな〜?」と言いつつ水を持ってきてくれた。

f:id:TofuD:20140609104620j:plain

あざみはダウンヒルも厄介だ。以前、極端に前輪荷重になったときにパンクしたことがあるので、プシュっと前輪の空気を抜く。この日は路面がウェットだったので、いつもより減速して下る。特にゲジゲジみたいな葉っぱとワイドなグレーチングに気を付ける。グレーチングの上では一瞬ブレーキを緩め、タイヤとグレーチングの間に摩擦が生まれないようなイメージでスッと抜ける。物理的にこの行為が正しいのかどうかはわからない。控えめなダウンヒルといいつつも、最後の直線が気持ちいいのでウン十㎞/h出してしまう。

 

道の駅すばしりで車に戻り、前輪に空気を入れ、あらかじめ用意してあった補給食を満載にしてスバルラインに向かう。思ったより水分が減らなかったので、コンビニに立ち寄らずスバルラインへ突入する。心拍をメディオ未満にして淡々と回す。2合目を過ぎると富士山がガスってきて時々小雨になる。3合目か4合目の駐車場に自販機があるのを確認し、料金所から2時間25分かかって5合目へ到着。

 

天気は悪いが修学旅行生やアジア圏の観光客が多かった。結構寒いのもあって、上に雨具を着て、下にハーフパンツ状態にした百均のレインパンツを履いて下る。雨、霧、曇り、霧、晴れといった感じで目まぐるしく天候が変化する。途中の展望台でようやく下界が見えた。

 

f:id:TofuD:20140609111126j:plain

ダウンヒルは快適だったが、ビニールのハーフパンツは風圧でビキニ状態になっていたのであまり意味がなかった。レーパンと太ももの境界にハーフパンツの先を折って入れれば、もしかしたら使えるかもしれない。